日記

ガリっと噛んで、イタッと言って

この焼き豚、どうして骨があるのよ、と言った事があります。
ハムやさんの焼き豚ですから、すっかり安心していたのですが、商品係さんに問い合わせると、
全て手探りで、骨のあるなしを最終チェックするのだとか、すっかり感心してしまいました。
歯が痛んでしまったかとの問いに、いいえ、でも、相当痛かったですよと答えました。
そう言いながら、手探りですか、それでこれまで一度も骨がなかったのは奇跡に近いですねと
言ってしまいました。
骨で思いだしたのが、カルシウムをとりましょう、というので、小魚とアーモンドが
一緒の袋に入ったおつまみ、子供のおやつがあり、私も大好きです。
骨を丈夫にしないと、将来にも関わります。
小魚は良いのですが、大きな煮干しは、ガリ、痛いというのがあります。
超堅いです。

大量値下げの広告を見て

プレイスカードに値下げマークのついたバッグとついていないバッグがありました。
時季外れの黒バッグ購入で、時期が外れたから安いのかと思ったら、別の理由での値下げでした。
もちろん、税アップのための客離れ対策です。

 

大量に値下げのなかに、実質値下げの文字があります。
動違うのかしらと、知ろうとはわかりません。
実質的な値下げではない値下げがあると言うことです。
どちらにしても値下げはありがたいと思いつつ、一つ一つ黒いバッグを見るのですが、

 

帯に短し、襷に長し、どうも好きなものに巡り合いません。
そうこうしていると、これって小さめだけれどかわいいと思えるものがありました。
それには値下げのシールはありません。
まあいいか、と思ってレジに持って行くと、それも値下げ、得した気分になりました。

一枚しかない、一つしかない

人は結構この言葉には魅かれるようです。
それを売りだして、購入した人が居て、後に、同様な物が出てくると、あら、と思うでしょう。
世界で一つの、と言う言葉は、手づくり品に使われることが多いです。
世界の中の日本を考えると、海外ブランドに興味を持ちつつも、自分の国の伝統的な美しさにも、
心砕くことができれば、それに越したことはありません。
外を見て、仲の良さが初めてわかる、そう言った人は多く居ます。
留学して見ないか、と言われたことはないけれど、必ず海外には行きなさい、勉強のためにも、
と言われたことは何度もあります。
一枚しかない、一つしかない、という価値も良いのですが、たくさんあるようで、実は、
一つずつ異なっている良さを探すのも、また知恵だと思って生活しています。